ランキングを参考に美白化粧品を総合的にチェックしよう

婦人

肌に有効な成分

化粧品

ビタミンCの欠点を改善

ビタミンCの肌への役割は、抗酸化作用や美白です。効果が高い成分であるため、できる限りビタミンCを肌に取り入れたいと考えますが、直接肌へビタミンCを届けるのは難しいのです。その理由は壊れやすく不安定な性質を持っているからです。そのため化粧品に配合してもその効果を発揮することはほとんどできないのです。このビタミンCの弱点を改良し、安定化させることに成功した成分が、ビタミンc誘導体です。今や化粧品の多くにビタミンc誘導体が配合されています。ビタミンCを改良したのは化粧品業界にとって大きな成果になったのです。不安定な状態や壊れやすい状態を改良し皮膚への浸透を可能にした成分なのです。そのため化粧品に配合しても問題ないのです。

刺激になる場合に注意

ビタミンc誘導体は肌に届くとビタミンCに変化します。そのためビタミンCを同じ効果を肌にもたらすことができるのです。ビタミンc誘導体は抗酸化作用はもちろんの事、新陳代謝を促す作用、メラニン色素沈着を防止する効果、皮脂分泌のコントロールなど肌にとってターンオーバーを活性化させる働きを持っているのです。ビタミンCより分子が小さくなっている事も特徴の一つです。シミやしわ、肌のたるみなどの肌トラブルに対応することができるのです。しかし肌が乾燥していたり、敏感肌の状態の場合には、肌に多くの刺激を与えてしまう可能性がありますので肌に合わないような場合には使用を中止するなどの対策が必要となります。肌の状況やタイプによってビタミンCの必要性が変わるのです。